上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて


今日は予告どおりにTOEOでのキャラを
ECOにコンバートしたキャラの紹介です。



と言っても今日は一人ですけどね。


物語調にしてみました。



「これが・・・ダークフォースか・・・・」

魔道書の新しいページの解読に成功したドール。

新しい「力」は想像を絶する威力だった。
虚無の大爆発、とでも表現したらいいのだろうか。
辺りが暗くなったかと思うと何も見えなくなり、
その後対象にした物体とその周囲は・・・文字通り「何もなくなっている」のだ。

「闇の力・・・か。悪くない」

・・・・・そして。
その日からドールは研究の材料を乱獲するようになった。
亀の甲羅、上質な虫脚、硬い爪・・・


それまでよりも何倍も、いや何十倍もの速さで次々と研究材料が集まっていく。
闇の魔法の威力に魅入られてしまった・・・いや闇そのもの、と言うべきか。


カーブ高地の鍾乳洞の奥に研究室を設けたドールは日に日に狂気をはらんだように変貌していった・・・・



ある夜。
研究もひとしきり終わり、寝入ったドールは夢を見た。


蝙蝠の羽根、そして悪魔の尻尾が生えている自分が
溶岩の上に立って・・・いや浮いている夢だ。



2007y07m31d_014719531.jpg



「なんだコレは・・・・」
シュケディ鍾乳洞には溶岩の沸いているスポットなどない。


「夢にしてはリアルだな」
   誰かの精神とシンクロでもしたか?
ばかばかしい、今の俺とシンクロする精神を持っているモノなど・・・
そこではたと思考を停止する。

視界に、「異物」が飛び込んできたからだ。


2007y07m31d_014729843.jpg


こいつか。
    面白い。


ドールは少女に向かって足を踏み出す。
その後、起こるべく不可解な事象を知らぬままに・・・・・












はい、いかがでしたでしょうかw
そんなわけでドールです。
まだ作っただけなんですけどね~


闇の力に魅入られてしまったので
「ウォーロック」という
闇を操る職業にするつもりです。




次回は・・・・
一部の人に公開しました、あのキャラの紹介です☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://redhydrangea.blog97.fc2.com/tb.php/56-2def4d0a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。